×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > 修行その6 > 恐怖の追証
修行準備

恐怖の追証(1/2)

信用取引は借りる金額あるいは株券の時価に対して一定の担保を口座に入れておく必要があります。 この担保を委託保証金といいます。

復習ですが、現在証券会社の口座に代用有価証券となる株式 500株、時価1,000円と、現金100,000円が あったとします。この口座資産の委託保証金を算出します。このとき代用掛目を80%とします。

口座にある委託保証金=500株×1,000円×80%+100,000円=500,000円

例えば、信用買いで1,500円の株を1,000株購入しよとします。必要な委託保証金は委託保証金率が30%の場合、

買建てに必要な委託保証金=1,500円×1,000株×30%=450,000円

となります。ここでは計算を簡単にするため信用取引の費用は除いて計算しています。 口座の委託保証金は50万円なので無事に信用買いすることができました。
買い付けた株が1,300円に下落し評価損が出てしまいました。清算時に損失は自分で支払わなければならないので、 この分の担保を証券会社は要求してきます。従って、必要な委託保証金合計は、

必要な委託保証金=450,000円+(1,500円−1,300円)×1,000株=650,000円

が必要になります。口座にある委託保証金は50万円ですので足りません。この足りない分(15万円)を口座に補充することを "追証"といいます。
もし、この株が1,000円に下落していたら必要な委託保証金は95万円になります。従って、追証は45万円にも なってしまいます。

信用取引は手持ち資産の3倍までの資金を使うことができる代わりに 3倍の損失が発生するリスクがあり、それはこの追証という形でやってきます。

前へ | 次へ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。