×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > 修行その2 > 企業選定法
修行準備

企業選定法(2/3)

次に企業の収益をあげる効率がどの程度が見ます。そのために売上高に対する営業利益の割合を求めます。 これを売上高営業利益率といいます

株式投資のための評価式(売上高営業利益率)

この値は業種により違ってきます。したがって、同業種の中で極端に低くないか確認します。 また、過去の決算報告時の値と今期の値を比較し、数値が減少していないかを確認します。もし、数値が 減少していた場合は材料費の増加や無駄な人員への給与支払いの増加などの問題が発生していることを 示します。そういった企業の場合、注意が必要ですが、営業利益の増加率や後で説明する売買のタイミング などから総合的に投資先として相応しいか判断します。

次に企業の財務状況を確認します。一番投資先として避けねばならないのは多額の借金を抱えているところです。 そのためには短期的な借金の返済能力と、長期的な借金を保有率を見ます。短期的な借金とは、1年以内に支払いを しなければならない借金(流動負債)のことで、これを支払うためには現金あるいは1年以内に現金化できる資産 (流動資産)が必要です。この2つの割合を求めることで支払能力があるのか確認します。

株式投資のための評価式(流動比率)

この流動比率は100%以上あれば問題ないでしょう。

前へ | 次へ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。