×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > 修行その2 > 決算報告書を読む
修行準備

決算報告書を読む(3/3)

貸借対照表には、現金や売掛金など1年以内に現金化できる流動資産、それ以外の長期的な固定資産、買掛金や未払金などの流動負債、 それ以外の長期的な固定負債、資本金や各種準備金などが記載されています。貸借対照表を調べることで増収増益の企業でも 多額の借金を抱えていないか確認することができます。

株式公開企業の貸借対照表の概要

貸借対照表は左側の資産合計(総資産)と右側の負債及び資本合計が必ず一致します。そのため"対照表"とか"バランス・シート"と呼 ばれています。 このことから、資産合計に対する負債合計の割合と、資産合計に対する資本合計の割合は連動することになるので、前者が増えれば後者は減る ことになります。従って、片方の割合だけを求めれば、もう片方は評価しなくても分かることになります。

キャッシュ・フロー計算書は、現金の流れだけに注目して作成される表です。表の項目には、企業の営業活動による現金の収支である ”営業活動によるキャッシュ・フロー”、設備投資などの投資に関する”投資活動によるキャッシュ・フロー”、借入金などによる ”財務活動によるキャッシュ・フロー”があります。
営業キャッシュ・フローが年々増加している企業は成長過程にある企業と判断できます。また、成長中の企業は事業拡大の 経営をしているはずなので投資キャッシュ・フローがマイナスになっているはずです。

前へ | 次へ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
決算書 キャッシュフロー計算書 貸借対照表 損益計算書 経営分析  
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。