×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > 修行その6 > 信用取引とは
修行準備

信用取引とは

信用取引とは、一定の委託保証金現金あるいは株券を証券会社に担保として差し入れ、買い付けに必要な資金や 売り付けに必要な株券を証券会社から貸りて、売買を行うものです。そのため、資金以上の取引が可能になったり、 株価下落時のリスクヘッジ(下落したときのために保険料をかけておくという意味)として利用することができます。 一方、他人のものを借りるので、金利を支払ったり、予想以上の下落時には保証金の追加をしなければならなく リスクもあります。

また、借りたものはいつまでも利用できるわけではなく、借りてから6ヶ月までに返済する必要があります。ただし、 最近では期間に制限のない信用取引が行えるようになってきました。 信用取引ができる銘柄は東証1部・2部、マザーズ、大証1部・2部、ヘラクレスに登録されている銘柄のうち、 一部の銘柄です。それらについては、各証券会社のホームページをご覧ください。

前へ | 次へ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
株寺-「カラ売り」入門―ノウハウと定石
↑↑購入はこちら

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。