×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > その時株が動いた! > 年末年始
修行準備

その時株が動いた!

・年末年始
年末年始に株価がどのように動く傾向があるか調査してみました。年末年始というと、12月の上旬からアメリカでは 休みモードに入ります。そして、クリスマス、カウントダウンとなり、年明けには早々に仕事に復帰します。
一方、日本では、12月28日くらいまで普通は仕事をしています。そして、お正月休みを楽しみます。 この文化の違いこそあれ、一大集団休暇期間です。このときの日経平均とJASDAQの株価を過去5年間に渡り比較した結果を以下に示します。

株式投資:チャート
株式投資:チャート

日経平均、JASDAQ共に過去5年間で同じような動きをしている期間を青枠で囲みました(株価が横ばいのものは、それ自体を 他と同じトレンドと同じと仮定しました)。両市場とも12月2日から12月17日までの株価が下落トレンドになっています。 外国人投資家の市場離脱か、12月締めの決算のための売りのせいかよく分かりませんが。
また、12月21日から1月の取引開始日までが上昇トレンドになっています。12月前半の下落による割安感が漂っていたのでしょうか? それとも、サンタさんからのプレゼントでしょうか?ともあれ、過去の5年間の結果が示しているのは『クリスマス特需』と言うべき 株価上昇があったということです(将来もあるとは限りませんが)。また、1月の取引開始日は大発会です。 さすがに年始早々、陰線を付けるのは縁起が悪いのか、過去5年間でもほぼ陽線引けになっています。言ってみれば、このときが 売りなんでしょうね。

また、面白いことに2002年と2003年の11月から1月までの株価の動きが同じです。これは何か意味があるのでしょうか? 今後5年間の新しいトレンドでしょうか?よく分かりませんが、今後もウォッチしてみると面白いかもしれません。

教訓
市場全体の動きとして、12月前半は株価は下落し、12月21日頃から上昇に転じ、大発会で終わる傾向がある。

リストへ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。