×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > その時株が動いた! > 見せ板(売り編)
修行準備

その時株が動いた!

・見せ板(売り編)
株の売買注文は株価ボード、つまり”板”を見ていると分かります。板を見て、売りの勢いが強いとか、 買いの勢いが強いとか判断することができます。
しかし、機関投資家やお金持ちはその資金力により、大きな影響力を株価ボードに与えます。そして、それが 弱者への意図的なワナになることもあります。

株式投資:チャート 株式投資:チャート

上図は、ある株の分割直後の株価チャートです。右の図は直近日の板です。この株は成長力もあり、分割と同時に 発表された業績は申し分のないくらいの好業績でした。分割の権利落ちから株価が半分になり、お求め易い株価に なりましたが、その後、株価は225,000円近辺で推移するようになりました(なぜ分割後からこの価格まで下げたかは 分かりません)。株価が225,000円以下になると板に352株もの売り注文が出現しました。代金にしたら、7,300万円にも なります!この売りは他の注文価格と比較して突出しています。明らかに変です。買い手がこれを見たら、買う気力も なくなります。というのは、225,000円の壁を突破して株価を上昇させるには、それだけの代金が必要になります。あるいは、 そのような大きな売りが出ているということは、何か悪いニュースでも流れているのかもしれないと疑心暗鬼にもなります。
では、この大きな売り注文は何のために出されたのでしょうか?可能性のある理由は以下の通りです。

  1. この価格以下で株を集めたいから(買いたいから)
  2. インサイダーにより入手した悪材料による売り
  3. 既に空売りをしていて、この価格以下で買い戻したいから
  4. 緊急にお金が必要になったため、現金化したいから
  5. 単なるお金持ち初心者の愚行
この銘柄は好業績であり、既に大きく株価を下げているので、2番、3番は違う可能性が高いです。4番、5番は 滅多にないでしょう。よって、残る1番となります。1番の場合は、機関投資家の投資信託に 組み込まれている株の入れ替えや、安く大量に仕込みたいとかが思い当たるところです。あるいは、その価格以下で 狼狽売りに出た株を少しずつ買い集め、ある一定の枚数になったら、蓋を外すという策略も考えられます。この場合、 狼狽した個人投資家が餌食になります・・・。
本来業績の良い銘柄なので、株主たちは何故こんなに下げているのか不思議に思います(実際、Yahoo掲示板では そのような意見が多発していました)。そして、フラストレーション、否、買い意欲は溜まり続け、あるとき一気に 爆発します。そのときのチャートは以下の通りです。
株式投資:チャート

このときは見事に蓋をしていた352株が喰われました。そして、上昇。
ここで分かったことをまとめると、

教訓
作為的な蓋は、誰かが株を買い集めている可能性が非常に高い。かつ底値で出現した蓋だと、底値からの反発力と 作為的な押さえ込みに対する反発力が株価を押し上げる。

リストへ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。