×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > 投資奮戦報告書 > No.3
修行準備

投資奮戦報告書

No.3 2004年2月27日〜3月10日 テレウェイブ(2759)攻めの報告
株式投資:チャート 2/26に窓を開けました。底値と思われる価格帯で、しかも出来高増加を伴ってです。最近は移動平均の25週線と5週線の 乖離があったので、26日が底と判断できました。 また、テレウェイブのファンダメンタルズを確認の結果、2003/5月発表の決算では営業利益増加率が 119%でしたが、同年12月の中間決算では34%にダウン。来期予想は純利益増加率が31%なので、営業 利益増加率も同じレベルと判断。したがって、増加率は+30%とまずまずですが、昨年との比較では 今年はテレウェイブはちょっと冴えない年になりそうな感じです。
また、RSIとMACDも買いのサインを出していました。 ここは短期決戦で望むべしと、27日に457,000円で1株買い。
3月1日、ゴールデンクロスとなりました。戦略に間違いなかったことに安心。 だが、3月4日に昨日までの調整で怖気付いてしまい、490,000円で撤退。 次の日に新たな小窓が発生、かなり強いサインだったため慌てて7日に520,000円で買い戻すことに。 しかし、8日にはなんと上ヒゲが出現。ただし大きな窓を開けているので1日様子を見ることにしました。 9日は下ヒゲが出現。売り攻勢があったことを示しているので、これ以上の上昇は不可能と判断。 10日に始値と同額で売却。いちおう利益はあげられました。

【反省】
4日までの調整は通常の調整であったので売却は早すぎました。3つ小窓が連続して開いたら下げるという説が 全くその通り表れてしまいました。後半は振り回されっぱなしの売買。また、3つ目は上ヒゲ付きだったので、次の日は様子を 見ないで売却すべきでした。

【成果】
収益:+52,265円

【その後の株価と反省】
その後の株価の動きは100万円まで上昇しています。そろそろ天井かなと思えますが、それにしても惜しいことをしました。 上記の売りと判断したところは、上ヒゲが出ていましたが、ヒゲの長さと出来高から見ると天井ではありませんでした。

リストへ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。