×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株寺(株式投資寺子屋)のタイトル  
トップページ > 投資奮戦報告書 > No.1
修行準備

投資奮戦報告書

No.1 2003年10月15日〜2004年5月10日 インデックス(4835)攻めの報告
株式投資:チャート インデックスはファンダメンタルズが良く、その成長性は問題はありませんでした。そこで参戦を決定。 10月15日開戦。このときチャートからは参戦時期に問題あったが良しとしました。
12月、機関投資家により反撃を受けてしまいました。年末の機関投資家の攻勢により株価が下落!しかし、一過性のものと 分かっていたのでスタンスを保持。ただし、後になって振り返ると、ここでの処置には問題があります。 一旦退却してから時期をみて反撃をしかけるか、空売りしてヘッジしておくべきでした。そうすればリバウンドが狙えたかもしれません。 反省すべき点です。 株価は年明けより上昇し、1:2の分割を迎えました。分割後、親株のみ46万円で売却。このときは出来高の高さから天井と 判断したためでしたが、実際には、その後株価は倍まで上昇。「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があるように この選択で満足しておくべきですが、もう少し上を狙えたかもしれません。

やがて子株の援軍がやってきました。しかし、なかなか上昇しません。

株式投資:チャート そうこうしているうちに、ゴールデンウィーク明けの5月10日に株価が劇下げ。これは米国の金利切り上げが早まりそうだという 懸念と、ニュースにはなっていませんが、市場関係者に日本の米国大使館に爆弾が仕掛けられたというデマ(?)が流れたことにより ます。大きな下げと金利懸念は長引きそうなので退却することに決定。576,000円で売却しました。

【反省】
もっと安いところで買いに入れたかもしれないです。年末は機関投資家の動きから下げるし、 下げているときに対処を怠ったのは問題でした。金利上昇懸念による劇下げは予測できないものとして諦めます。

【成果】
収益:+366,000円

リストへ

修行その1
修行その2
修行その3
修行その4
修行その5
修行その6
修行その7
修行その8
修行の成果報告書
投資奮戦報告書
その時株が動いた!
連絡簿
 

当サイトについて プライバシーポリシーについて お問い合わせはこちら
当サイトはリンクフリーですが、相互リンクはメールにてご連絡下さい。
当サイトの広告の一部はFlashで作成しています。正しく表示されない方は右のボタンからFlash Playerを入手して下さい。
当サイト・コンテンツの無断複製、無断転載を禁止します。